訳し方には方法がある

パソコンを扱う女性

外国語に論文や文章を翻訳することで、世界中に情報を発信できます。医学論文は特に世界的に通用するものなので、こういった訳をする機会が多いです。コンピュータや専門の機関に依頼することで訳ができるのです。

過去と現在の問題

パソコンを扱う女性社員

過去であっても未来であっても、日本の医療にかかわりがあるのが翻訳です。過去は海外の論文を翻訳して学び、そして現在は日本人の医療論文をどう翻訳して海外へ発信します。いずれにせよ必要であるのが翻訳力です。

翻訳は慎重に

キーボードを打つ手元

翻訳をするのであれば、特に医学論文翻訳の場合独学での翻訳は危険であるのです。論文には専門用語が数多く含まれている事がとても多く、それらを正確に翻訳出来るのは専門家になります。

翻訳で英文が読める

パソコンの前に座る女性

翻訳の料金が詳しく掲載されているサイトがこちら。業務の拡大などでグローバル化を目指しているならぜひ利用しましょう。

プロの翻訳者を抱える翻訳会社

クラウドを活用し、翻訳を依頼する側と受ける側が直接自由にやり取りする方式のようです。一方、以前からの翻訳会社も様々な翻訳サービスを提供しています。翻訳会社の特徴は、組織的に営業、翻訳、制作などの関連業務を一貫して行う、という点です。登録された翻訳者と翻訳会社の担当者(コーディネーター)との間で個別の翻訳に関する交渉が行われ、詳細が決まります。営業部門が顧客から依頼される翻訳文書の内容に適した翻訳者を選ぶことで出来上がる翻訳文の品質や精度の高さが翻訳会社を利用するメリットといえます。また、翻訳に付帯する多くの関連作業についても同時に行うところが多いことから、利便性という意味では翻訳会社に委託する意味は大きいと言えます。

どこまでの業務を委託するか

前述したように、翻訳会社の提供する業務内容は翻訳だけではありません。たとえば、表やグラフといった文書の編集からDVD映像のナレーション吹き替え、ホームページのローカライズなど、多岐にわたります。また、そのためのスタッフを社内あるいは社外に確保していることで、限られた納期に安定した品質の作業を行う態勢を整えています。極めて専門性の高い医学論文や複雑な訴訟資料、高度な技術仕様書から契約書までいろいろな分野の翻訳には、それぞれ専門の翻訳者が従事します。その結果、翻訳する文書の内容により翻訳料が大きく異なる、というのが現状です。単純な英語を日本語に翻訳するだけなら1ページ(400文字)5000円なのに、医学論文を日本語から英語にすると2万円になります。翻訳する言語や内容、分量や納期、最終的な納品形態など様々な要素で翻訳料金は決まります。直接、翻訳会社に相談することがベストです。